ベビーシッターの私の仕事や日常を綴ったブログです。


by jjz4cilakl

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 平野博文官房長官は22日午前の記者会見で、長崎県知事選で与党推薦候補が敗れたことに関する鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題の影響について、「少なからずそういう影響があったことは否定できない」と述べた。

 ただ、平野氏は「地方選挙なので、参院選と直接は大きくリンクしているとは思っていない。国政に直結することではない」とも語った。

【関連記事】
自民が審議拒否 知事選勝利、小沢氏喚問ら求め
鳩山首相、長崎知事選結果「政治とカネが影響」
民主“利益誘導”選挙通じず 「小沢的なるもの」排除を
負けたら小沢進退問題 民主、地方選でなりふり構わぬ異例人事
長崎知事選、町田市長選にやきもきする民主

小沢氏辞任に期待=民主・渡部氏(時事通信)
<容疑者に便宜>たばこや自宅立ち寄り 神奈川県警が懲戒(毎日新聞)
両陛下の公務日程、官報に誤掲載=国立印刷局のミスで−宮内庁発表(時事通信)
日航・稲盛会長、墜落事故の施設を訪問「責任重大」(産経新聞)
ベトナム難民の子、送還取り消し=タイ出生で無国籍−東京地裁(時事通信)
[PR]
by jjz4cilakl | 2010-02-27 16:40
 北海道教職員組合(北教組)側による民主党の小林千代美衆院議員側への違法献金事件で、自民党の義家弘介参院議員ら同党の国会議員3人が18日、北海道入りし、北海道教育委員会幹部に話を聞くなど現地調査を行った。

 義家議員らは現地調査後に会見し、今回の事件について「重大な子供たちへの背信行為」と述べ、「(北教組は)組合活動を具現化するために議席を買っている。『学習指導要領には従わない。道徳教育はしない。竹島は韓国の領土』といった偏向教育を断行していくのが目的だ」と批判した。

 北教組の資金に関しては「どこにどれだけたまっていて、何に使われたのか、わからない」と指摘し、透明性を高めるため、北教組が収支報告書を提出する必要があると強調した。義家議員らは北教組幹部に面会を申し入れたが、断られたという。

【関連記事】
首相、労組との関係「応援は感謝するが…」
輿石氏、北教組事件の参院選への影響「まあ、ないでしょう」
民主支持の強要問題 志位氏が北教組事件で連合批判
北教組事件 教師は政治的中立を守れ
北教組資金提供事件 小林陣営担当者「委員長らから受領」

「日本一早い」ハウスで桃の花見 山梨(産経新聞)
「FBI型」でグローバル犯罪を捜査 警察庁(産経新聞)
ケニアの地熱発電を支援=鳩山首相(時事通信)
国試で読み仮名「考えていない」−EPA看護師候補者などで(医療介護CBニュース)
ノエビア前副社長を再逮捕へ=元交際相手にもストーカー容疑−兵庫県警(時事通信)
[PR]
by jjz4cilakl | 2010-02-26 06:51
 ■舛添氏新勉強会に中川、鳩山邦氏

 17日の党首討論に臨んだ自民党の谷垣禎一総裁に対し、党内では「野党党首らしくなってきた」(山本一太参院議員)との評価や「もう少し詰めてもいいかな、というところはあった」(柴山昌彦衆院議員)との声が交錯した。しかし、鳩山由紀夫首相をいくら追い詰めて内閣支持率を削っても、それが世論の自民党支持につながっていない。夏の参院選への危機感が募る中、政局のキーマンと目されている舛添要一前厚生労働相(61)らが新たな勉強会を立ち上げるなど、次をにらんだ動きが党内で活発化してきた。

 「政界再編を野党がやるのは極めて難しい。自由な議論を党内でやることが、自民党の活力になる」

 自民党内に「経済戦略研究会」が17日発足し、会長に就任した舛添氏は、党内議論の活性化の重要性を強調した。

 勉強会は、菅義偉元総務相(61)ら執行部に距離を置く国会議員が呼びかけ、28人が出席。政界再編に向けた動きが注目される鳩山邦夫元総務相(61)と中川秀直元幹事長(66)も顔をみせた。

 鳩山氏は、最近の週刊誌で平沼赳夫元経済産業相のグループやみんなの党を巻き込んだ新党結成への意気込みを表明したばかり。中川氏も年初に参院選前の政界再編に言及し、今月10日には勉強会を発足させた。両氏とも世論調査で人気のある舛添氏の取り込みを画策してきたとされている。

 ただ、3氏の思惑が一致しているわけではない。中川氏は「真剣な戦略を考えるのは大賛成だ」と勉強会に賛同の意を示したが、鳩山氏は、勉強会が検討課題に郵政民営化と「官から民」の徹底を示したことに疑問を呈し、途中で退席。「なんだか『舛添争奪戦』みたいだな」との言葉を残して党本部を後にした。

 党内では、与謝野馨元財務相(71)や園田博之幹事長代理(67)らも勉強会を再開させ、17日には国会審議の中で政府・与党を徹底的に追及するよう執行部に申し入れた。鳩山氏と与謝野氏は週内に意見交換する予定だ。

 政界再編について大島理森幹事長は「国民は求めていない」と強調、谷川秀善参院幹事長は「あんなもの(舛添氏らの勉強会)は百害あって一利なしだ」と切り捨てた。しかし、勉強会に出席した一人は「このままの自民党ではダメだとの思いで、出席者全員は共通している」と述べており、自民党内の火種はますます広がっていきそうだ。

08年度の病院の未収金、推計284億円―四病協調査(医療介護CBニュース)
生徒の父に差別文書=高校教諭を逮捕−福岡県警(時事通信)
<国庫負担金>4400万円国に返還へ 三重・鈴鹿(毎日新聞)
京成千葉線で男性飛び込み死亡、1800人に影響(読売新聞)
護送中の容疑者、一時逃走=手錠から両手抜く−兵庫県警(時事通信)
[PR]
by jjz4cilakl | 2010-02-25 01:06
 鳥取県米子市で昨年2月、会計事務所社長ら男女2人が殺害された強盗殺人事件の裁判員裁判が23日、鳥取地裁で始まる。死者が複数の強盗殺人事件は裁判員裁判で初めて。検察側が死刑を求刑すれば、裁判員が初めて極刑をめぐる厳しい選択を迫られる可能性がある。22日午後には裁判員らを選ぶ選任手続きが行われる。

 審理の対象は、強盗殺人や死体遺棄などの罪で起訴された米子市の会計事務所役員、影山博司被告(55)。

 起訴状によると、影山被告は昨年2月21日、米子市内で、勤務先の社長、石谷英夫さん=当時(82)=と同居の大森政子さん=同(74)=の首を電気コードやネクタイで絞めるなどし殺害。預金通帳や現金約7万円を奪い、2人の遺体を捨てたとしている。

 公判前整理手続きでは、2人の殺害については争いはないが、弁護側は「金目的の犯行ではなく、強盗殺人罪は成立しない」と主張している。審理は2月23日から4日間、連続開廷され、論告求刑は26日。判決は3月2日午後に言い渡される予定。

【関連記事】
人命奪う決断は嫌 鳥取で裁判員制度廃止求めデモ
女性会社員を暴行して殺害した男に無期懲役求刑 静岡地裁沼津支部
「許せない」夫が悲痛な訴え わいせつ殺害 静岡地裁支部で裁判員裁判
長期化で裁判員裁判審理は困難 替え玉殺人中国人妻に無期
殺人罪の被告に無期求刑 札幌地裁の裁判員裁判

既婚者の別姓移行、施行後1年以内に=婚姻後変更は認めず−民法改正案(時事通信)
拉致問題担当相、脱北者受け入れを緩和(産経新聞)
<アグネスさん>ソマリア視察終える 日本ユニセフ大使(毎日新聞)
ボスザル健太ら安らかに 鳥取・湊山公園に供養碑(産経新聞)
<雑記帳>新作パズル テーマは萌えキャラ(毎日新聞)
[PR]
by jjz4cilakl | 2010-02-23 20:50